« 秋の臨時列車など… 8月23日(土) | トップページ | 名松線に行った頃の話 8月25日(月) »

名鉄キハ8200 8月24日(日)

朝起きたら、9時でした…東武の甲種回送言っちゃいましたね(;_;)

そんでもって今日は良い天気ではないですが、雨は降っていません。瀬戸電栄町乗り入れ30周年をお祝いしたい人たちの思いが天に届いたかな?この調子で今週の土曜も天気が良いといいなぁ☆

今日は自分は夜勤ですので、15時にはお出掛けしなければなりません。それまで英気を養いながらボーっとしてます。

そんな訳で、今日は蔵出しを久々にしたかったのですが、何にしようか迷った挙句…

Test660

このお方にしようと思いました。特急「北アルプス」キハ8200です。この車両も色んな変遷を経ていますね。今日は特集しながら自分と「北アルプス」の想い出を辿りたいと思います。

名鉄キハ8200…正確にはキハ8000と言ったほうが良いですかね。昭和40年に準急たかやま号で運行開始されました。基本設計は国鉄キハ58に準じていましたが、車体は名鉄の車両限界の関係上小ぶりになったものの特急用キハ82に近く転換クロスシートや冷房つき、側窓の連続窓採用などで、当時の急行型気動車の水準をはるかにこえていました。

昭和45年から、夏季は富山地方鉄道の立山に乗り入れて、急行「北アルプス」に改称し、日本初の3社直通急行になった。これにあわせロングボディーのキハ8200が登場しました。

外部塗装は国鉄急行色だったが、昭和51年「北アルプス」が特急に格上げされると共に晩年のカラーになった。

このキハ8000、8200は、豊橋への通勤特急などに使用されたり、臨時の犬山方面特急「うかい」号などにも使用されていました。

Test455

再掲ですが布袋から江南間を走るキハ8200。昭和58年くらい。

晩年はオールキハ8200で運行されていたそうです。

自分が特急「北アルプス」に乗ったのは小学2年生だった頃なので、昭和55年ですね。おばあちゃんと、親戚のお兄ちゃんと同い年の女の子、自分の姉と行きました。まだシートが赤色で、何となく当時のパノラマカーより色が濃かった覚えがあります。カーテンは緑色だったかな?犬山から乗車したのですが、あまり当時気動車に乗ったこと無い自分には感動だったし、いつも学校の窓からとか布袋駅を通過していく姿を見ていた自分には超憧れの列車でした。犬山橋を渡り新鵜沼駅手前から国鉄連絡線をゆっくり走る。ふだん乗れない部分をゆっくり走り、国鉄鵜沼駅東側で国鉄線に乗った瞬間はかなり興奮していたと思います。当時、乗客が少なく飛騨川が車窓の右にこれば右に…左にこれば左に…とか繰り返していたと思います。下呂で一泊して翌日は急行「のりくら」で帰ってきましたが、とても良い想い出になっています。友達からも羨望のまなざしで、鼻高かったなぁ…自分の金で行ったわけでもないのに(笑)

Test661

そして時は経ち、平成3年3月、永訣のときが来ました。美濃太田駅でその勇姿を見送りに行ってきたときの写真です。

Test662

名鉄の乗務員からJR東海の乗務員に引き継がれる…

Test663

そしていつものように通いなれた鉄路を走り去る…何か切なかったですね。

この翌日から新鋭のキハ8500がデビューしました…しかし、自分はキハ8500の記録が一切無いので残念です。まさか「北アルプス」が廃止されるなんて思ってもいなかったし、鉄離れていたし(汗)でもあの乗客数では納得かもしれませんね。せめて季節臨で残って欲しかったけど、それも無理な話ですね。会津鉄道に会いに行きたいです。

実家に帰って、12時くらいになると未だにミュージックホーン高らかに、エンジンの轟音響かせて通過していくキハ8200を思い浮かべます。線路際で自分を含めた悪ガキどもが手を振れば、タイフォン鳴らしたりわざわざミュージックホーン鳴らしたりしてくれながら手を振ってくれた運転手さん…良い時代だったなぁ…。

|

« 秋の臨時列車など… 8月23日(土) | トップページ | 名松線に行った頃の話 8月25日(月) »

昔の写真~名鉄編~」カテゴリの記事

コメント

名鉄キハ8200「北アルプス」私この写真1枚もありません。名鉄キハ8500は1枚だけあります。JRキハ85+名鉄キハ8500で美濃太田から北へは走ってましたが、名鉄側はガラガラでしたね。 

投稿: クッキー | 2008年8月24日 (日) 13時32分

ナバウナギはこの車両を見たことがないです。名鉄というより国鉄ですよね。国鉄+パノラマカーみたいな車両で面白いですね。最後の手を振ればならしてくれたという話ナバウナギもありますよ。碧海堀内や金山で手を振ったとき鳴らしてくれたの覚えてますよ。もし運転士だったらそのような子たちを見たらナバウナギも鳴らしますよ(笑)

投稿: ナバウナギ | 2008年8月24日 (日) 14時42分

こんにちは。
8200形懐かしいですね。エンジン音に独特のタイフォン、スローなミュージックホーンと走っていると過ぎわかりましたね。西風が強い日だとうちにMHが聞こえることもありました。

譲渡も検討されてしばらく疎開されていましたが結局解体されてしまいましたね。

投稿: りんてつ | 2008年8月24日 (日) 16時10分

いらっしゃいませ、クッキーさん、ナバウナギさん、りんてつさん!!!

クッキーさん>
1枚だけでもあるだけ羨ましいですね。確かに、北アルプスは多客期でも指定席の空席は結構ありましたねぇ…だから廃止に繋がったんでしょうけど(涙)キハ85との併結写真撮りたかったです!!

ナバウナギさん>
連続窓のおかげで、名鉄で知らない世界を旅してた感覚になっていましたね(笑)高山方面で大雪の日に雪だるまになって帰ってきたことも覚えています(笑)
子ども心に運転手さんのリアクションは嬉しいですよね!神宮前で子どもの頃、子供会の団体で乗っていたら、反対側で乗務列車を待ってた車掌さんがジャンケンしてきてくれました。
自分も運転手ならやってあげたいですね☆

りんてつさん>
ウチは東風が強いと聞こえましたね(笑)途中で加速すると「ドドドドドド…」ってすごい音が聞こえました。小学生の頃も、中学生の頃もいつも窓の外を見て、北アルプス通過を楽しんでましたね。おかげで勉強に手がつかず、強制的に席替えさせられたことも…(^^;
譲渡といえば、当時うすずみ桜で活気付いていた樽見鉄道が買ってくれないかと密かに思っていました。ま、個人の勝手な妄想ですけど(笑)
でも沿線住民にはすごく印象に残った列車ですよね☆

投稿: つる | 2008年8月24日 (日) 21時23分

今晩は。
ありましたなぁー。
キハ80みたいな顔した北アルプス。
国鉄に乗り入れるからと言って、赤ひげまで真似なくても良かったのに、と思ったもんです。
見ただけで、一度も乗った事なかったです。
やはりシートもキハ80みたいな感じだったでしょうか。

投稿: ぎゃらびー | 2008年8月24日 (日) 21時41分

いらっしゃいませ、ぎゃらびーさん!
確かにそこまでキハ82みたいにしなくても…って感じがあったのですが、特急化される前はキハ58に近いカラーだったんですよね(^^;
まさか、そう言う制約があったんでしょうかね?
JR化され、平成3年に登場したキハ8500だって当初名鉄はパノラマスーパーのようなド派手な観光特急を作ろうとしたらJR東海に止められた噂もありますね(笑)実現してたらすごい車両だったでしょうねぇ…。
シートはパノラマカーの一昔前の赤色みたいな感じでした。ただ、枕カバーが1人ずつみたいな。晩年はP車特急専用車同様のモケットに変わってましたね。

投稿: つる | 2008年8月25日 (月) 00時06分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名鉄キハ8200 8月24日(日):

« 秋の臨時列車など… 8月23日(土) | トップページ | 名松線に行った頃の話 8月25日(月) »